生チョコレート専門店 △CHOCOLAT | 公式オンラインショップ

オンラインショップで当店の生チョコのお取り寄せが始まりました!

お知らせ


バレンタイン限定商品のお取り寄せ開始しました♪


メールマガジンを受け取る

新商品やキャンペーンなどの 最新お取り寄せ情報をお届けいたします。

PRODUCT

Single Item Set



メディア掲載情報

日本海テレビ・山陰中央テレビなど多数に掲載



ふるさと納税について

※現在、鳥取県・鳥取市のふるさと納税に申請出品中でございます。
もう少々お待ちくださいませ。

生チョコの歴史

そもそも、生チョコとは、
チョコレート生地に生クリームや
洋酒を混ぜることで、
なめらかでかつ、柔らかく、
濃厚なチョコレートのことです。

そして、この生チョコの源流は、
1930年のスイスのジュネーブで生まれました。
その地域では、この生チョコは
「パヴェ・ド・ジュネーブ」という
名称で販売されています。

そして、このお菓子が
1988年に日本で初めて神奈川県で作られて、
それ以降、日本は独自の企画で
生チョコを定義しています。

生チョコの定義は、
『チョコレート加工品(チョコレート生地を全重量の40%以上使用したもの)のうち、
クリームが全重量の10%以上であって、水分
(クリームに含有されるものを含む)が全重量の10%以上となるもの』とされています。

そして、その後生チョコは、
非常に濃厚で口溶けの良いチョコレートで
現代の日本でもよく見かける
チョコレートの種類の一つになりました。

また、生チョコは生クリームを使用し、
水分量が多いため賞味期限が短いです。
そのため、大切な人に届ける際には
十分そちらを注意してお取り寄せや
お渡しの時期を考えておきましょう。

BLOG